« 東京なんとか | トップページ | ことわざ »

2012年4月20日 (金)

一番を教えて

「せかいで、いちばん面積の小さい国はどこ?」

近頃の小2の息子の質問は、変化球が多い。
野球でいえば、打者の手元で微妙に変化し、打っても凡打になるような、くさい球だ。
ここは、うまく打ち返そうと試みるのではなく、見送るという作戦に出てみたい。

「面積が小さいってのは、一番じゃないんだ。ラストなの、ビリなの。だから一番小さいってのは、ないことになる。」

この説明で、彼は納得するのか。
いや、彼は納得しなかった。
小さいほうから数えれば、一番じゃないかと主張してくる。
もっともである。
しかしこちらも、この程度で引き下がるわけにはいかない。

「世界で一番高い山は、地図帳にも出てるけど、エベレストだな。でも、一番低い山ってのは、地図帳には出てないだろう。それは、一番じゃないからだ。」

おっ。
考えてる、考えてる。
どうやら、自分のほうが分が悪いと思い始めたようだ。
もうひと押しだな。
「君のクラスでも、一番足の遅い人は誰なのか、わからないだろう。でも、一番早い人ならわかるよな、運動会のリレーの選手に選ばれる人だ。」
「まだ、うんどうかいのリレーの選手は、決まってないから、それもわからない。」

くさい球は、見送るに限る。

|

« 東京なんとか | トップページ | ことわざ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123935/54515675

この記事へのトラックバック一覧です: 一番を教えて:

« 東京なんとか | トップページ | ことわざ »