« 何問目の難問か | トップページ | たぶん最後のかるた取り »

2013年1月25日 (金)

ごぼう抜き

今年の箱根駅伝で、一番多くごぼう抜きをした日本人選手は誰か。
小2の息子が出した難問だ。
その答えがわからなかった私は、悔しい気持ちを抑えきれなかった。

何とか逆襲に出ないと、親の威厳が保てないと考えていたとき、あるひとつの疑問が私の頭に浮かんだ。
ひとつ、確かめてみることにしよう。

「なあ、息子よ。そもそも、ごぼう抜きってどういう意味か知ってるのか。」

どうだ、正確に答えられるかい。
まさか、よく知りもせずに、使っていたのではあるまいな。
すると彼は、間髪いれずに

「ひとりで抜くことでしょ。」

ははあん、なるほどねえ、そう考えたか。
しかしそれならば、にんじん抜きでも、さつまいも抜きでもいいじゃないか。
なぜ、ごぼうなのかの説明になってないぜ。
私の鼻息は、どんどん荒くなる。

説明してやろう。
ごぼう抜きのもとの意味は、あの長いごぼうを土中から引き抜くように、一気に引き上げることを指す。
つまり、競走などで多人数を一気に抜き去ることが、ごぼうを抜くのに似てるから、「ごぼう抜き」と言うのだ。
どうだ参ったか、息子よ。

「ああ、それそれ。それね。そういうことだね。」

何でこう、謙虚じゃねえのかなあ。

|

« 何問目の難問か | トップページ | たぶん最後のかるた取り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123935/56621937

この記事へのトラックバック一覧です: ごぼう抜き:

« 何問目の難問か | トップページ | たぶん最後のかるた取り »