« 箱根駅伝は終わらない | トップページ | ごぼう抜き »

2013年1月23日 (水)

何問目の難問か

箱根駅伝の見所のひとつに、「ごぼう抜き」がある。
往路の花の2区では毎年、ケニア人ランナーの派手なごぼう抜きが名物のようになっている。
ここで、小2の息子が意地の悪そうな目つきで私を見ながら、話しかけてくる。

「今年の箱根駅伝で、日本人の中で一番多くごぼう抜きしたのは、誰だかわかる?」

ケニア人なら2区で走ったのは、日大のベンジャミンだったな。
でも、日本人の中でって言うんだろう。
難しいなあ。
小2の息子の箱根駅伝に関する出題は、極めて専門的かつ高度である。

しかし、私も負けてはいられない。
うーん、そうだなあ。
印象に残ってるのは、山上りの5区の法政だ。
確か7人抜きだったと思うが、名前が出てこない。

名前はわからないけど、それでどうだ。正解だろ。
すると小2の息子は、あきれたように首を横に振りながら、

「ああ、法政の二年生の関口ね。あれは、7人抜きだから一番じゃない。正解は、3区の早稲田の三年生の大迫の9人抜きだよ。ちなみに大迫は、長野県の佐久長聖高校出身なんだ。」

勝ち誇ったような表情の息子。
く、悔しい。
なんか完全に小バカにされている気がする。
何とか逆襲に出ねば。

|

« 箱根駅伝は終わらない | トップページ | ごぼう抜き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123935/56604169

この記事へのトラックバック一覧です: 何問目の難問か:

« 箱根駅伝は終わらない | トップページ | ごぼう抜き »