« カブトムシの嫁入り | トップページ | 昼寝のすきに »

2013年6月24日 (月)

かさは何処

小3の息子の忘れ物の多いのには、閉口する。
とにかく、よく忘れる。
なかでも、特に忘れることが多いのが、傘だ。

これまでに何本忘れてきたことか。
数えるのも、嫌になる。
しかしそれにしても不思議なのは、一度なくすとその傘が、二度と出てこないことだ。

傘には彼の名前が書いてあるし、傘は学校にしか持っていかないから、仮に誰かが間違えて持って帰っても、いずれは出てくるはずである。
しかし未だに、戻ってきた試しがない。

ただ最近になってようやく彼も、傘を忘れることがなくなってきた。
ほっと一息というころだ。
成長の証しかもしれない。

そんなある日、ふと彼の傘をみた。
すると、そこにはアルファベットで、「KJ」と書かれているではないか。
「KJ」は、彼のイニシャルではない。
つまりこれは、彼の傘ではないのだ。
その事を問いただすと、彼は全く気づいていなかったという。
結果的に彼は、他人の傘をずっと長い間、自分の傘として持ち歩いていたことになる。

そうか、わかった。
謎が解けた。
彼の傘もまったくの他人が全然気づかずに、持ち歩いているのだ。
その程度なのだ。
小学校低学年なんて。

|

« カブトムシの嫁入り | トップページ | 昼寝のすきに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123935/57659427

この記事へのトラックバック一覧です: かさは何処:

« カブトムシの嫁入り | トップページ | 昼寝のすきに »