« 想像を超える時 | トップページ | イソップを考える »

2013年10月28日 (月)

学芸会なのに

あと2週間足らずで、子どもたちが通う小学校の学芸会が行われる。
私の子どもの頃と違い、学芸会は毎年行われるのではなく二年に一回しか行われない。
自然と、力も入ろうというものだ。

そして、役はオーディションで決まるのだという。
これも、今どきのやり方っぽい。
確か昔は、投票かジャンケンで決めていたと記憶している。

小3の息子に、どんな役を希望したのかと訊くと、目立たない役だという。
何だ、主役とかそういう重要な役じゃなかったのか。

「だってぇ、主役は大変だもの。」

いかにも君らしい、やる気の感じられない答えが返ってきたな。
まあ、想定の範囲内だ。

先日彼が、学校から持ちかえってきた学芸会のしおりには、彼の直筆のメッセージが添えられていた。
「おさそい」という欄が設けてあり、子どもたちが保護者あてにメッセージを書くようになっている。
おそらく「ぜひ見にきてください」などと子どもたちに書かせるのが、狙いだろう。
しかし彼は、次のように書いていた。

「せいぜいがんばるから見にきてください。でもさがさないでね!。(絶対にね)」

なんだそれ。
家出の書きおきか。
やる気のなさも、ここまでくると、想定の範囲外だ。

|

« 想像を超える時 | トップページ | イソップを考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123935/58471279

この記事へのトラックバック一覧です: 学芸会なのに:

« 想像を超える時 | トップページ | イソップを考える »