« 院という漢字 | トップページ | 練習の方法 »

2014年1月31日 (金)

栄光への道

息子よ、私は君に謝らなければならないことがある。
てっきり君は、努力をしない人間だと思い込んでいた。

でも君は、絵を描けばクラスの代表として美術館に張り出されるし、運動会のリレー選手(補欠)にも選ばれた。
世界の国旗もほぼすべて覚えているし、歌を歌えば音感だって悪くない。
努力をしなくても、何でもそこそこできてしまう。

そして今回、学童クラブの「けん玉大会」で、グランドチャンピオンに輝いた。
「世界一周」という大技を、学童のみんなが見ている前で成功させて、栄光をつかんだ。
とても気持ちよかったと言う君は、本当にうれしそうな笑みを浮かべていたな。

しかしこの栄光の陰には、並々ならぬ努力があった。
家で、夜ひとりで黙々と練習している姿は、脳裏に焼きついてるぞ。
それだけではない。
学童でも、一生懸命練習してたそうじゃないか。
努力が実を結んだというわけだ。

実は去年、君はくやしい思いをしている。
そこそこけん玉の練習したにもかかわらず、グランドチャンピオンはおろか、学年チャンピオンにもなれなかった。
だから今年は、必死で練習したんだな。
努力をして、結果を出すということを見事にやってのけた。

えらい!
そして、誤解しててすまん。
このとおりだ。

これからも、朝のキャッチボールを引き続き、がんばるぞぉ。
おー!!

|

« 院という漢字 | トップページ | 練習の方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123935/59043101

この記事へのトラックバック一覧です: 栄光への道:

« 院という漢字 | トップページ | 練習の方法 »