« ガムの威力 | トップページ | 音読なるもの »

2014年1月17日 (金)

平日の朝練

小3の息子が少年野球を始めてから、はや2ヶ月。
練習初日に息子のプレーを見学したとき、周りの子どもたちと比べあまりにも下手で、愕然とした。
後から入団したことに加え、野球の経験は皆無だったので、ある程度は覚悟していたが、その下手さ加減は想像を超えるものだった。

このままではいけない。
そう思った私は、平日の朝に親子で野球の練習をしようと息子に提案してみた。
息子は喜んで、同意した。

練習メニューは、キャッチボールと素振り。
特にキャッチボールに時間を割いたが、驚くほどボールが取れない。
グローブに当てたボールをポロポロこぼす。
先が思いやられるというよりも、果たして練習の成果が表れる時がくるのかと不安になる。
朝の練習のために30分も早起きしても、徒労に終わるのではないかと、少し憂鬱にさえなった。

しかし思わぬ副産物が、私の身に訪れた。
キャッチボールをし続けたことで、以前からの肩の痛みが、嘘のように消えたのである。
早起きのために早寝を心がけるようにしたことで、体調も良く、眠りも深くなり、朝は快調ですっきり目覚める。

だから、これでいい。
仮に、息子が上達しなくてもいい。
私の体調が良くなった、それだけで十分だ。
そして息子の想い出の中に、父親との早朝キャッチボールが刻まれる。

悪くない。

|

« ガムの威力 | トップページ | 音読なるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123935/58959861

この記事へのトラックバック一覧です: 平日の朝練:

« ガムの威力 | トップページ | 音読なるもの »