« 練習やりたい | トップページ | 季節はずれ »

2014年2月28日 (金)

心配の種

早い。
2月も、もう終わりだ。
あと1ヶ月で、小3の息子は小4の息子になる。

彼は、それを心待ちにしている。
なぜなら、学童保育クラブは小3までなので、3月で卒会できるからだ。
学童クラブに通うのが、彼にとっては苦痛だったのだという。

だが、学童クラブの指導員から言われたひとことが気にかかっているらしい。
なんだ、どういうことだ、言ってみろ。

「なんかさあ、4年生になっても、たまに顔出してくれっていうんだよ。いやなんだけど、けん玉を教えにきてって。」

なるほど、君はけん玉のグランドチャンピオンだったな。
そう言われると確かに、4年生になっても行かなきゃならないって思うのはわかる。
わかるぞ。
だが、違うんだ、息子よ。
引越しをした人が知り合いに出す葉書に、なんて書いてあるか知ってるか。

「引っ越しました。お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。」

この言葉は、社交辞令と言ってな。
本当は、お立ち寄りくださいなんて、これっぽっちも思ってないのさ。
これを真に受けて、玄関のチャイムを押そうものなら、常識を疑われてしまうって寸法よ。

だから、心配すんなって。

|

« 練習やりたい | トップページ | 季節はずれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123935/59213876

この記事へのトラックバック一覧です: 心配の種:

« 練習やりたい | トップページ | 季節はずれ »