« 2014年2月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年3月26日 (水)

メガネの役割

今年は例年に比べて春の訪れが遅かったせいか、スギ花粉の飛散が今のところは少ないようだ。
だから、まだこれからスギ花粉の飛散はしばらく続くと言われている。

小3の息子には、かなり重度の花粉アレルギーがある。
したがって、マスクと花粉メガネでがっちりとガードし、薬の服用と目薬の点眼でこれ以上ない対策を講じている。

はたで見ていても、これが少々痛々しい。
その姿もそうだし、薬の服用や目薬の点眼もわずらわしそうだ。
本人のためとはいえ、辛かろうことは容易に想像できる。
そんな彼がこう訊いてきた。

「おとうさんは、部屋の中でもメガネをかけてるし、花粉の飛ばない時期もメガネをかけててつらくないの。」

やはり本人は、辛いのだ。
はは、そうじゃないぞ。
お父さんの眼鏡は花粉用の眼鏡じゃないんだ。
近視用の眼鏡なのだ。

「えっ、禁止されてるメガネなんかかけていいの?」

ちゃう!
禁止じゃなくて近視じゃ。
ややこしいので、説明はまたにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月19日 (水)

消費税増税

4月1日から、17年ぶりに消費税率が引き上げられる。
これに伴う駆込み需要が盛り上がってると、連日マスコミでも報道されている。
小3の息子もテレビで観て、消費税が上がるのだということを知っていた。

「ねえねえ、5%が8%になるんでしょ、値上がりしちゃうんでしょ。」

そうだ、よくわかってるじゃないか。
同じものを買うのに、3月に買うのと4月に買うのでは値段が変わるってわけだ。
そりゃあ、買い置きしたくなるのが人情ってもんだな。

ただなあ、自分は今、あまり欲しい物もないんだよ。
それに3%だろう。
実際、大した金額じゃないんだ。

「えっ、でも3%もあがるんでしょ。」

そうだよ、3%だ。
ところで、君は3%上がるってのがどういうことだかわかって言ってるのか。
経済的にどれほど痛手になるか、考えたことはあるのか。

「わかるよ。5万円の冷蔵庫が8万円になるんでしょ。」

そうきたか。
もし本当にそうなら、もっと世間は大騒ぎしてるわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

記憶のなかに

近所の家に、中学2年男子がいる。
もう6〜7年くらい前のことになるのだが、その子とキャッチボールをしたことがある。
今となっては、なつかしい思い出だ。

当時の彼は、お世辞にも野球が上手とはいえなかった。
しかし中学生となった今、所属している野球チームではキャッチャーとして活躍しているという。
そんな彼だが、その昔、私とキャッチボールしたことなど覚えてはいないだろう。

現在私は、実の息子との朝のキャッチボールが日課になっている。
二日酔いだろうとなんだろうと、5時半に起きて平日は毎日やっている。
3ヶ月以上にわたり毎日続けているわけだから、息子のほうは私とのキャッチボールを忘れることはないだろう。
技術的にはまだまだ未熟な息子だが、中学生の彼の例がある。
努力は必ず報われると信じる。

夜、帰宅して小3の息子に、明日も朝練やるぞと言うと、

「もちろんやるよ!」

息子はやる気だ。
それが証拠に、学校から帰ってきたあとに、中学生の彼ともキャッチボールをしたというのだ。

そうか。
ひょっとすると中学生の彼は、6〜7年くらい前の私とのキャッチボールを覚えていてくれていたのかもしれない。
今度、訊いてみようか。
いや、やはりそれはやめておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

季節はずれ

早い。
もう3月である。
少し前に正月を迎えたばかりのような気がするのは、何かの手違いか、誰かの陰謀ではないだろうか。
断じて、トシのせいではない。

正月といえば箱根駅伝、正月の風物詩だ。
しかし我が家では、箱根駅伝は正月だけのものではない。
年間を通して、箱根駅伝は我が家の中にある。

テレビで放映された番組の録画映像を繰り返し観ていることは言うに及ばず、箱根駅伝を特集した雑誌も購入している。
そして小3の息子は、出場23校(総勢230名)の選手の少なくとも半分以上は、名前をそらんじている。
下手をすると、フルネームで覚えていたりする。
これはもう、常軌を逸しているといえよう。

だが真に驚くべきは、彼の母親も同程度に箱根駅伝の知識を具えているということだ。
平日の朝、二人の会話の内容を聞いていると、朝飯の喉のとおりが悪くなる気がする。

「一区は?」
「新庄!」
「二区は?」
「相場?」
「三区は?」
「わかんない。」
「町沢だよ、四区は?」
「三宅でしょ。」
「五区は?」
「小谷かな?」
「六区は?」
「代田!」

どうやら、中央大学の出場選手を当てるクイズのようだ。(六区まできてわかった)
それがわかる私も、箱根駅伝に関してはなかなかだと思う。
それにしても、こんな家庭が、ほかにあるのだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年9月 »