2013年11月 4日 (月)

イソップを考える

「おまえが落としたのは、このおのか。」

「それです、それです。それが私の落としたおのです。」

そのとたん、神様は川の中へ消え、もう二度と姿を現しませんでした。
欲張りの木こりは、金のおのどころか、自分の大切なおのまでなくしてしまいました。

イソップの童話は、このように欲張りを戒める話が多い。
その中でもこの話は、典型的なイソップの童話として広く知られている。

しかし私は、かねてからこの話に、少々疑問を感じていた。
神様の行動にである。
つまりなぜ、木こりに鉄のおのを返さなかったのかという点だ。
結果として、勝手に人の物を持っていってしまってるではないか。
神様には、鉄のおのの持ち主がわかっている。
にもかかわらず、持ち主が目の前にいても、本人に返さず持ち帰ってしまう。

これは道徳的に問題があるし、れっきとした犯罪なのだ。
「ただの欲張り」と「れっきとした犯罪」では、どちらが悪いかは明白である。
いかに神様といえども、このような暴挙が許されるはずがない。

小3の息子に、この疑問をぶつけてみたが、同意が得られなかった。

「神様には、神様の考えがあるんだよ。」

いや、神様だからといって、何でもありというのはおかしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)