2012年6月15日 (金)

興味の方向

小2の息子は、いろいろな事に興味を持っている。
天体の事、世界地理、ポケモン、サッカー観戦、将棋、などなど。
何にでも興味を持つが、広く浅くだ。
しかし親としては、あまり手を広げず、一つの事を極めることで、他との差別化を図り、生き抜く術を身につけてほしいと思うが、どうだろう。
何か君は、こんなことをやってみたいというものはないのか。
そんなとき、彼がこんなことを言い出した。

「空を飛べると、いいよね。」

おう、それそれ。
そういうのが聞きたかったんだよ。
どういうわけか君は、将来ビジネスマンになりたいって言ってるらしいね。
もちろんビジネスマンも悪いわけではないが、それだと何かはじけた感じがしないんだなあ。

はじけるってのは、どういうことかって。
そうだねえ、なんかこう華やかな雰囲気っていうかな。
他人が聞いた時に、楽しくなるようなことだよ。

いいじゃないか、空を飛びたいなんて。
はじけてるよ、華やかだよ、楽しくなるよ。
ところで小学2年生男子としては、空を飛んでどんなことしてみたいんだい。

「空を飛べればさ、怒られてもすぐ逃げられるじゃん。」

あほか。
こっちも、飛んで追っかけてってやる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)